スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーサム!/Awesome!

Hlwn0.jpg Hlwn1.jpg Hlwn3.jpg Hlwn5.jpg Hlwn4.jpg

ハロウィーン当日の凝ったコスチュームの紹介!念のため言っておくけれど、彼らはみんないい大人ですからね。しかも、このまま定例会議とかに出てくるわけ^^;。左からビビ?(ロベルト)、トンベリ(フランク)、リラックスベア(ヤル)、マミーララと(リェノア)。一番右はコスチュームか?(ツー・アミーゴズ) さて、代表は誰にする^^?

Here are some awesome costumes from the Halloween day. (except for the right-end. Not a costume!?) Who's the most awesome one?! : )
スポンサーサイト

theme : カリフォルニアライフ
genre : 海外情報

ハロウィーン前夜/Halloween Eve

Halloween2.jpg Halloween3.jpg Halloween4.jpg Halloween1.jpg
優勝候補3枚+努力賞候補/Candidates for the top honor(3) & a runner-up

明日はオフィスでハロウィーンのコンテストが2つあるんだ。
1つはもちろんコスチューム・コンテスト。明日は仮装して出社してもOKなんだよ(普段も仮装してるんじゃないか、と思う人も多いけれど...^^;)。各部の一位が、社全体の最終選考会に出て社員の人気で決めるんだ^^。
もう一つは、部門別の飾りつけコンテンスト。こっちは審査委員の投票で決めるんだけれどね。写真NGの場所が多いんだけれど、優勝候補の前評判が高い2つの場所のプレビューだよ!
結果と画像は週末に記事しようーっと^^。

We are having two Halloween contests tomorrow at my office, a costume contest and a decoration contest, though some staff ware costume-like attires everyday : P
I'll post results on this weekend : )

theme : カリフォルニアライフ
genre : 海外情報

秋・冬の計画/Plans for this Fall and Winter

CGW0.jpg Monarch0.jpg SCS0.jpg YNP0.jpg
秋も冬も、それぞれの風景、生き物の姿、自然との交わり方って有るよね?春や夏は確かにエキサイティングな場面が多いけれど、静かな、ひっそりとしたこれら季節の自然にも、派手では無いかもしれないけれど、感謝、感激する場面は多いはず。そう思って、この秋から冬で興味のある事を、久々に会った友人マイクとブレストしてみた。幾つかの案から、下のが実行有力なので紹介しておくね。

Although it's more calm and tranquil than the spring and summer, we all know the autumn and winter have their special and own charms and fascinations, right? So, my friend Mike and I brainstormed what interests us most in these seasons from nature adorers' prospective. Out of many ideas, these are ones that we agreed to put on our list for this '08 & '09 seasons.

■秋のニジマス釣り/Autumn Rainbow Fishing

■カリフォルニア・グレイホエール/The California Gray Whale
 日-グレイ・ホエールの記事はこちら
 En-Click for a Gray Whale article

■オオカバマダラの越冬/Wintering Monarch Butterflies
 日-オオカバマダラの解説はこちら
 En-Click for a Monarch Butterfly's article

■サザン・スチールヘッド・トラウト/The Southern Steelhead Trout
 日-サザンスチールヘッドの記載がある記事はこちら
 En-Click for a Southern Steelhead article

■厳冬のヨセミテ/Yosemite in the Mid-Winter
 日-ヨセミテに関する解説はこちら
 En-Click for Yosemite's article

■伊勢海老釣り/Spiny Lobster Fishing
 日-伊勢海老に関する解説はこちら
 En-Click for a Spiny Lobster article

■渡り鳥の越冬地/Wintering Sites of the Migratory Birds

恒例の事もあるけれど、全部実行出来るかどうかは判らないからあしからず^^; でも、全部実現できたらいいなぁ...。

They all sound fun, but we don't know if we can do all : P I wish we can do them all...

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

蜜蜂はどこへ?/Where've all the bees gone?

Bee1.jpg Bee2.jpg Bee3.jpg
今朝のミツバチとアメリカ人も好きな蜂蜜/A bee I found this morning

今朝仕事に行こうと、ガレージへ軽快な足取りで向かってたら、一匹のミツバチが途中の階段で這っているのが目に入ったんだ。危うく踏みそうになったんで、怒って襲ってくるか、と身構えたんだけど、どうもそんなそぶりが見えない。で、もう一度良く見るとどうやら「虫の息」らしい・・・。

ちょうど昨日のラジオニュースで、北米の養蜂家が蜂蜜取りに飼ってる「セイヨウミツバチ」の巣が、一夜にして空っぽになる現象が2006年頃から続いている、って言ってたなぁ。蜂の死骸は巣の周りに見つからない、既にこの秋までには、2006年と比べると飼われている蜂の40%がいなくなったとか。原因も、だから当然対策も判明してないし、すでに蜂蜜の値段が高騰してるらしいし。次は、ミツバチに100%受粉を依存している農作物か?高等な社会構造と秩序を造るミツバチにいったい何が起こってるんだ?警告?、なんて直ぐ頭を過ぎってしまうんだけれど、そうじゃない事を祈るしかないのかなぁ...。

On my way to the garage, a honey bee crawling on a step jumped in to my sight. I avoided stepping on him barely, so I was afraid that he might get angry and attack me furiously. But...., I realized that he did not even have enough strength left to do so. He was barely alive.

Then, I remembered the news on the radio a day before. Since 2006, approximately 40% of European Honey Bee colonies were lost, gone literally. They just, almost like a magic, disappear and abandon their colony overnight, leaving food, babies and even queen in their hive. The cause, unfortunately to them and us, has not been pin-pointed; thus, there has not been any solution or even prevention established. A sign of something to come?, that I thought first. I hope and pray that my immediate guess that's crossed my mind is wrong.

      詳しい説明はこちら/Click for more details
日本語:蜂群崩壊症候群
English: Colony Collapse Disorder

theme : 動物・植物 - 生き物のニュース
genre : ニュース

お酒チェック/You Drink?

まじめな記事の後なんで、ちょっと恥ずかしいけれど今回はお酒の事ね。21歳未満は読まないよーに^^;
今月31日のハロウィーンを皮切りに、11月の感謝祭(Thanksgiving)、12月のクリスマス&大晦日、更に米人には重要ではないけれど、1月のお正月、と飲む理由には事欠かない季節がそろそろ始まるでしょ?なんで、念の為、家の酒類のストック状況を週末にチェックしたんだ。もちろん、万が一品質が落ちていたり、変化したりして不慮の事態に陥ったりしない様に、厳重に味や香りも一つ一つ念入りに、ちゃんと相性の良いはずの食物との相乗効果が通念通りかどうかも確かめながらね^^。

アメリカの一般家庭のバーに普通ある、ジン、ウォッカ、クリアラム、テキーラ、までは大丈夫だったけれど、バーボンが空だったまでを目視のみで確認。次は、自身お気に入りのお酒類を上で書いた様に、念には念を入れて慎重に確認。結果?確認作業中から終了までご機嫌だったから、大丈夫だったんじゃないかなぁ、たぶん^^;

Well, this year's holiday season is around the corner. So, I'd checked my inventories of liquors this weekend, carefully checking not only their types and remaining quantities by sight but also
tastes and fragrances by my pallet and nose, making sure 'unexpected' would not occur during my guests were around : )


Standards like Gin, Vodka, Clear Rum and Tequila were all good except for Bourbon, which I had none left. And then, I checked my favorites thoroughly like I explained above. My conclusion? Well, it might have been ai-o-key as I had good time checking them from the middle of it to the end : P

sake1.jpg
チェックに参加させた数本とその他有志の一部で記念撮影/Any Question?

theme : ロサンゼルス
genre : 海外情報

カリフォルニアの鱒釣り/Q&A2

「ゴールデントラウトの保護」(クリックで記事へ)の記事でも少し触れましたが、アメリカでの淡水及び海水生物の釣り/漁 - 鮭・鱒を含め - は、ほとんどの場合、各州政府の担当機関が毎年更新するルールブックにより管理されています。現時点で私の知る範囲では、日本の「魚協」に相当する「利と権」の確保を目的とする、水産資源の管理・運営を営む自治組織(リクリエーション目的の一般人の資源利用の管理と運営も含んだ)は、一部の地域的・社会的例外を除いて基本的に存在しませんし、同様に日本では一般的な「漁協」による水系や地域別の組織体制の枠組みの考え方も、現在のところありません。

English Raeders:
This entry is about fishing regulations generally practiced in the US, particularly those for trouts in California. If you are interested in this subject, I recommend to click a link to the California DFG found at the bottom of this entry (letters are in blue).


DFG1a.jpg     DFG2.jpg
今年のカリフォルニア州淡水魚向けリールブック: 表紙と裏表紙

私の住むカリフォルニアでは、非商業目的の一般人による州内の動物の狩猟(海水/淡水魚の釣りを含む)は全て「デパートメント・オブ・フィッシュ・アンド・ゲーム」により管理されています。この中でもマス釣りに関するルールは非常に細かく、対象魚種、対象魚の生い立ち(放流、天然)、釣行時期、水系、支流、支流内の特定箇所、サイズや重さ、釣り方法、釣行時の手持ちの竿の本数等で分けられます。これらのルールは、州機関が直接雇用している生物・環境学者、及び外部のアドバイザー学者の意見を基に、短期、中期、長期的観点から作成されています。

前回の記事で取り上げたサンガブリエル・リバーを例に取ると、

対象魚: 在来種のニジマスは釣り可、サッカーとチャブ(ウグイの仲間)は禁漁
漁期: 一年中 - 禁漁期なし
支流: イースト&ノースフォーク全流域と、ウェストフォークの下流域は、
お持ち帰りOK
釣り方法に制限無し(網はX、ヤスは○)
サイズの明記は無いが、7インチ以上が一般常識
餌釣りの場合、一人2本以上の竿を所持してたら追加許可書が必要
ウェストフォークの中流域-返しの無いフライかルアー、C&Rのみ
ウェストフォークの上流域-返しの無いフライかルアー、2匹キープ可
(何故このルールなのかは説明を省きますが、それなりに納得可能な理由が背景にある事は確認出来ます。)

と今年は成っています。

DFG3.jpg
各魚釣り・狩猟ライセンスの値段表: 2008年度版

もちろん水系や生息しているマスの種によっては、年間を通して禁漁の場所、開始・終了日がずれますが秋以降は翌春まで前面禁漁に成る場所、同時期に一部のみ禁漁に成ったり、キープ数が変更に成る場所、リリース/キープ基準が変更される場所(一例ですが、冬の期間最小が42cmなどと言う所もあります)等、実に細かいルールが施されています。これらのルールを理解し、知る事は釣り人の「義務」とされ、理解・認識した事と引き換えに発行されるのが、基本$38.85の年間ライセンス - 例外を除き、基本的に州内の海水・淡水のどこでも釣りが可能 - です。カリフォルニアでは、釣人の釣りをする権利」はもちろん認められていますが、釣りをする資格」も求められています。

と、カッコよく書きましたが...。まぁ、概念的には自動車の免許書の取得と同じなのですが、実際の所私を含めた一般的な釣り人の感覚は、’フィッシング・ライセンス=免許書’は「買う」もの、つまり日本の漁協から’入漁券(権)=パーミット’を購入するのと、変わりは無いと思います。

これらうるさいくらい細かく設定されたルールも、そこに棲む生物や周りの環境と、これらをレクリエーションとして活用する一般市民との共存を模索した結果でしょう。州政府と州の住民は、これら自然の資産を保護し、枯渇を回避し次世代へ継承する責任と、資産の乱用をしない範囲で利用し、かつ楽しむ権利の保障、と言う本来ならば相互に反発しあう2つの事柄を実現・実行しようとしているのですから.....。

左上にカリフォルニア州知事シュワちゃんの写真付き。
カリフォルニア・デパートメント・オブ・フィッシュ・アンド・ゲームのHPへのリンクはこれをクリック。

theme : アメリカの自然保護
genre : 海外情報

釣果報告:ゴミ○,魚◎/Fishing:Trash○, Fish◎

E-SGR02.jpg
イースト・フォーク、サンガブリエル・リバー/The East Fork of San Gabriel River

これまでの8、9、10月の釣行予定が全部流れた、0勝3敗。なので先週の日曜日は確実をゴして、家から一番近くてマスの生息する川、サン・ガブリエル・リバーのイーストフォークへ午後も2時から出撃。この日の主目的釣りは釣りでもマス釣りじゃぁないよ、魚釣れたけど^^。今回はねぇ、敬慕する日本の源流師の一人クラさん(クリックでHPへ)が中心に行ってる「勝手にゴミ拾い」のワタシなりの活動が目的ね!、魚釣れたけど(しつこい?)。前々から、10月になったらゴミ袋片手に来ようと思ってたんだ、もしもに備え釣り竿も念の為に持ってサ^^。

この川、LAの北に連なる平均2,500mの山脈を水源に南流するこの辺では大河なんだけれど、水資源の乏しい大都会を貫流する川の悲しさ、中流以下はすべて護岸化、上流域下部にはダムが2段、最上流域にもダムが1つとズタズタにされちゃってるんだよねぇTT。しかも車で下の2つのダムの上へ行けるから、地元LA住民にはお手軽に行ける山岳河川。だから釣りだけじゃなく、水辺のピクニック、川遊びなんかにも頻繁に利用されている川なんだよね。5月~9月の週末は早朝を除けば、まるで花見の上野の山の様に家族&団体で岸辺が埋まっちゃうんだよ。

0 for 3, this is the result from every fishing trip planned in this August, September and October so far, can you believe? To cheer me up, I left my home at 2 PM and headed to the closest local river with trouts, the San Gabriel. I picked its East Fork this day. Well, sorry guys but the primary objective of the day was not catching trouts. It was picking trash there, though I ended up catching a fish : ). I planned to do this in early October, the time less locals use this river for their recreation activities. Picking up trash you find in the mountain streams (and elsewhere, actually) is a movement hosted and organized by KURA san in Japan, one of many mountain trout fishermen whom I admire.

As you many know, this river, a large one in LA area, was cut up good, by 2 dams at the mouth of mountains and a dam near its western origins; destiny as it flows through a metropolitan in the dry weather. And it's so close to a large city, many people use the river for their multi-recreational purposes. So, its very clouded on every weekends between May and September, like clouds you might see at a county fair, you know?

E-SGR09.jpg   E-SGR01.jpg

この日は、インディアン・サマー第一波後の涼しい午後なんで、予想通り河原には人がまばら。うっかりして軍手を忘れたけれど、キッチン用ゴミ袋の大2枚と超特大のピンセットの様なものを持参して、河原に降り立つ。お、直ぐそこに1家族いるなぁ、帰りにゴミをチェックしよっと。

It was relatively cool afternoon typical of days soon after the first wave of hot Indian Summer days. I stood by the reiver with 2 trash bags in my backpack and with a tool to pick up trashes in my hand. Oh? I see a family having a picnic there... I'd better check their trashes on my way out.

↓ クリック'more...'で続きへ/Click 'more...' to continue

more...

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

吸血鬼に会ってきたよ^^/Visited Dracula

今月31日はハロウィーン。それに併せてだろうけれど、とあるゲーム会社がドラキュラを題材にしたゲームを発売するみたい。それへ更に便乗したのはアメリカ赤十字!おそらくゲーム会社が持ちかけたコラボだろうけど、オフィシャルな赤十字の献血勧誘のポスター(画像)に、しっかりゲームのキャラとパッケージのイメージ、レーティングまで乗せてるのには笑った^o^/! 思わず献血しちゃったから、このコラボは成功なんだろうね^^;

A game publisher hooked up with the American Red Cross to promote their new title featuring the Dracula!! What funny were that the official poster by the Red Cross included its game character, package design and even its rating. I could not help but laugh at loud lol. I:d ended up donating might mean that the they got their purpose served : P

ARC2.jpg

theme : アメリカ生活
genre : 海外情報

ボツあるばむ '08夏/BOTSU Pics Smr '08

記事のヴィジュアルエイドとしては不採用だったけれど、まぁまぁ観れる画像をゆるカテゴリ別に集めてみたよん。画像はサムネイルなんででクリックして大きくしてね。エンジョイ!

I've compiled pictures previously unused, for one reason or another, in entries. Click to enlarge pictures. Enjoy!

<<「釣り」「アウトドア」から/For Fishing & Outdoor Categories>>
CGT5.jpg CGT23.jpg CGT8a.jpg CGT7.jpg
  CGT4.jpg  CGT6.jpg  CGT1.jpg
この夏は、仕事が忙しかったり、ガソリンが高かったりで満足な釣行は一回だけだったよ。
*マイクが「俺が釣れた時の写真は?」と要求してきたので画像追加しました^^;

I'd managed to make just one satisfying fishing trip this summer due to work-overload and gas prices. Sad....(Here you go, Mike!)

Yama1.jpg Yama2.jpg Yama3.jpg Snap6.jpg
オーウェンズ・バレーの砂漠のハイウェイを車でカッ飛ばすのは大好きだ^^!
I love to cruise down highways in the Owns Valley! : )

Meshi3.jpg   Snap1.jpg
山での料理は、いつも少しだけビクついてやってます^^;
Cooking in mountains, particularly in the High Sierra, always makes me a bit nervous. : P

    Snap3.jpg  Snap2.jpg  Snap10a.jpg
Snap4.jpg Snap5.jpg Yama5.jpg Yama4.jpg
来シーズンは、もっう少し奥地まで行こう。準備は今からだな。
I'd like to go deeper into the High Sierra next year. A training for making it starts now.

<<「身近な自然」や他から/For Nature Nearby and other Categories>>
Snap11.jpg   Snap12.jpg   ESB3.jpg

Snap8.jpg  Snap7.jpg  Snap9.jpg
写真の腕もあげないとねm('o;).....
Obviously, I need to bring up my picture taking skills by then.....

<<おまけ/Extras>>
LaxANA.jpg  LaxJal1.jpg  LaxJal2.jpg
続けざまANAにJALって、一時帰国したくなっちゃうじゃん^^;
Gee! An ANA, then a JAL, took off from the LAX. They stare me up and make me a bit homesick ; P

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

インディアン・サマー/Indian Summer

インディアン・サマーって言う言葉をはじめて知ったのは、11, 12才頃に読みふけってたスヌーピーで有名な「ピーナッツ」の中での一話から。ルーシーがライナスか他の誰かに、「アメリカン・インディアンが、ほんとうは冬がもうすぐそこに来てるのに、暖かな気候を利用してまだ夏だとヨーロッパ人入植者たちを信じさせて騙す(=追出す)から、こう呼ばれるんだ」と、今なら問題になりそうなでたらめを説明するクダリだったよ。

本来は東海岸から中西部で、初霜の後の暖かい日々が続く期間を「インディアン・サマー」って呼ぶんだけれど、LAのあるここ南カリフォルニアでは’’なんか降りない。なので、が終わって一旦涼しく成った後の「暑い日々」、ちょうどいつも10月頃なんだけど、を指して「インディアン・サマー」って呼んでるのが一般的だね^^。なんとなくLAだと、その年のの「フィナーレの日々」って言う感じ方かな。

先々週の週末の夜はかなり冷えて、6月以降で初めてやや厚めのタオルケットを引っ張り出した。それでもって、昨日と今日の日中は、楽に30℃を越える気温だから、ちょうどこの3,4日がLAで言う所の今年の「インディアン・サマー」に当たるんだと思うよ。金曜日からは、また気温が下がるみたいだし。

An Indian Summer in the Southern California is a bit different from the original definition. We normally refer a series of hot days after a period of simply cold days around October as the Indian Summer.

We are having over 90-degree temperatures during the day since yesterday and through this Thursday. We had quite cold nights, which convinced me to pull thicker cotton blanket, 2 weekends ago. So, this must be it!

Hatake1.jpg  Hatake2.jpg
秋の光のレンタル畑-昨日/Rental fields in Autumn light - Yesterday

家の前のレンタル畑植物は、もうすっかり勢いを落としてちょっと柔らかくなったの中、って雰囲気かな。今年のは、ヒャ~ッ!!あっちぃぃぃぃ~っ@@;、って感じた日が少なかったよ。そう言えば、を飛び回る昆虫の種類と数が少なかったなぁ...。何時の年なら9月中に、4,5回は飛行中に衝突してくる特大サイズ緑色のカナブンのような奴とも、今年は一度も事故を起こさなかったし...^^。

Plants in the rental field in front of my house have already passed their prime, like quietly enjoying their memories from the summer 'til their lives are complete. Come to think about, we neither had memorable hot days nor saw many types and numbers of insects this summer. The 'Big and Pretty Green Beetle', which normally collide with me several times in the September, did not swarm like other years.

Mushi1.jpg  mushi2.jpg
特大カナブン? - お腹のオレンジが綺麗、でも当たられると痛いよTT/A pretty beetle - orange berry is a nice touch though it hurts if it hits you : (
               
この昆虫の親戚(だと思う)の解説はこちら/Click for a description of this beetle (I think they are somehow related?!)

やっぱり終わったんだね.....

A Summer had ended indeed.....

theme : 散策・自然観察
genre : 趣味・実用

Profile/自己紹介

Nature Adorer~やっちゃん

Author:Nature Adorer~やっちゃん
東京生れ、東京育ち、でもLA在住20年+なんで育ちの方はあやしい・・日本を「井の外の蛙」、アメリカは「井の中の蛙」、そんなふらついた視点の持ち主。

Archive/月別アーカイブ
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Category/カテゴリ
Search Form/検索フォーム
Counter/カウンター
Latest Entries/最新記事
Latest Comments/最新コメント
Trackbacks/トラックバック
RSSリンクの表示
Link/リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。