スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデントラウトの保護/Protecting G. Trouts

「釣り」カテゴリの”ゴールデントラウト'08”への追記です。
ゴールデントラウトに関する3部の最後です。

ゴールデントラウトに限った事ではなく、アメリカの河川での釣り-特に鱒釣り-は、州政府の担当機関が毎年更新する、細かく厳しいルール[虹鱒の場合、放流がある為禁漁期間が無い様な例外的な河川もあります]によって管理されています。私が今回釣行した川を例にすると、返しの無い鉤、1人1日3匹、一回の滞在(日数に関係なく)で5匹までキープして良い、餌釣りも可の箇所と、返しの無い毛鉤かルアーのみ、ルアーなら鉤は1個、キープは不可、の場所に今年も分けられました。

ここを訪れる釣り人全てが、実際これらのルールを知り、守っているかは分かりません。が、釣れて来る魚や渓の状態、たまに遭遇する他の釣り人の様子や話、保護区のレンジャーとの話を総合すると、かなり高いレベルで守られている様に思います。もちろん罰金($5,000なんてのがあります)が恐ろしいのもありますが、釣りを楽しませてもらっている魚、環境を、後世に長く、出来れば永遠に残したい、と言う個人個人の自覚があっての結果、と思いたいしそう願ってます。

An addition to "Golden Trout '08" under [Fishing]
The last of the "Golden Trout" trilogy, too.

Most fresh water fishing and its target fishes, particularly trout species, in the US are regulated by state authorities through strict rules and guidelines which are generally updated annually. For example, the stream I fished CGTs this year are divided into two main sections; barb-less hooks, limits on keeps per person, and barb-less artificial bates and lures - ZERO keep limit.

I have no way of knowing if all fishermen who visit the stream are aware of and following on these rules. However, I feel they are; just by observing fishes, stream environment, fishermen's manners and by talking with them and rangers whom I encounter on the stream every now and then. I'd like to believe this feeling of mine was not because of expensive fines imposed on violators, but it was simply because of individuals' awareness and commitment to pass the joy of fishing in that surroundings to the future generations, if possible, for forever.

release.jpg
リリースしたCGTの様子を再確認/Observing conditions of a released CGT

ゴールデントラウト自然保護区(1978年設立)」の大きさは約1,230平方キロ、沖縄本島(1,206km2)とほぼ同じ、或いは東京23区(621km2)の約2倍の広さです。北米の自然保護区では決して大きい方では無いですが、対象となる魚の生息域がそれだけ小さい事の証拠でしょう。が、魚は禁漁ではありません。保護は魚とその生息河川だけで無く、全体のエコシステムを対象にしています。日本ならば、世界遺産白神山地と同じ概念でしょうか。この保護区内に、2種のゴールデントラウト、リトルカーン・ゴールデントラウト(LKGT)とカリフォルニア・ゴールデントラウト(CGT)の原種生息域がかろうじて残されています。「かろうじて」と書いたのには、実は訳が有ります。

Approximately, 303,00 acres of 2 national forests were especially designated as the "Golden Trout Wilderness (est.1978)." It is not a large wilderness among others in California, but it is a proof that these two species of Golden Trouts live in such a small area. Fishing within the wilderness is, however, permitted. The goal is to conserve entire ecosystems in which these two spices are BARELY surviving now. "Barely," it is, and this is why.

↓ クリック'more...'で続きへ/Click 'more...' to continue
     CGT1.jpg
ゴールデン・トラウトの釣りに関する細かいルール/Rules on fishing Golden Trouts

CGTの場合、比較的広域へ移植された過去があります。CGTは、シエラの他の河川だけで無く、ネバダ州コロラド州ニューメキシコ州の高地の川や湖にも”純血種”として移植されました。私がヨセミテで初めて釣ったCGTも、この移植組の子孫のはずです。この結果、関係者は種の保存には安心していた様ですが、移植されたCGTが、実は既に放流ものの虹鱒との雑種だった事が近年、遺伝子調査で判明しました。この安堵の期間中、天然生息域のCGTは、放牧牛による、特に流れの岸際の植生と地盤の変化や、州機関や無教養な釣り人によって放流されたブラウンブルックの餌食になるか、やはり政策により放流された、他河川からの養殖虹鱒(これが一番のダメージを与えた)との交雑により激減、純血種が残っている水域はわずかに2系統(後日もう2系統が判明)と成っていました。

CGTとの交雑が容易な虹鱒、魚食性の強いブラウンブルックを人工的に駆逐する活動や、放牧牛からダメージを受けた植生・地形、その結果変化してしまった流れや川底の状態の修復が、この10年、州政府とNPO数社の共同により続いています。いずれは、これら駆逐&修復の活動の他、雑種の下流域への隔離或いは移動を行い、純血種CGTの放流が可能な渓を増やす計画だそうです。純血種のサバイバルの可能性を広げる意味で、大変重要な活動と考えてます。が、持ち込まれる純血種のCGTにしても上記2~4系統のCGT。もともとそこに生息していた”固有”CGTの子孫が、既に失われてしまった悲しい事実には、代える事は出来ません。

In the past several decades, "Pure Breed" of CGTs had been transplanted in other steams and lakes in the Sierra Nevada, as well as in high-altitude creeks and lakes in Nevada, Colorado and New Mexico. The one I caught in Yosemite must have been a descendant from these efforts. Because of these, many felt confidence in sustaining the healthy level of populations, in both genetic and numeric senses, of the CGT. But, a bad new arrived about a decade ago. The source population of these CGTs transplanted had already been genetically contaminated by stocked rainbow trouts of unrelated river systems. During this make-believe confident period, genetically pure native stocks were either eaten up by introduced Brown and Brook trouts or were crossbred with Rainbows while critical riparian zones were severely degraded by cattle grazing. When the true pictures were finally revealed, only 2 drainage of creeks sustained "Pure Breed" of the CGT (2 were added subsequently).

For the past decade, removal of non-native rainbows, browns and brooks from native streams of the CGT along with restoration of their riparian zones and stream beds to the near-original conditions have been carried over by the alliance of various state agencies and non-profit organizations. Their ultimate goal is to isolate these non-natives and crossbred relatives from these streams and to reintroduce "Pure Breed" of CGTs back in their natural habitats. But, I want everyone to remember this and think; the original CGTs once lived in these streams were gone forever.

LKGTも、CGTと似た過去を経験してます。が、LKGTの場合、他の河川や湖への移植は行われず、当初から直接絶滅の危機に直面した様です(一説では成魚2,000匹と推定されました)。1978年に自然保護区が制定されたのも、本来LKGTの早急な保護が必要だったからの様です。幸いにして、70年代からの、現在CGTで試みられている方法の継続的な活動の結果、LKGTの生息域と生息数は、本来の7割近くまで回復しているそうです。このままの状態が今後数年維持できれば、LKGTは絶滅危惧種として連邦政府に認知された魚類で初めて、「絶滅危惧」のレッテルから免れる種になるかもしれません。

The LKGT had gone through a circumstance similar to the CGT much earlier, except that they had never been transplanted to locations outside of their native range. They were at the edge of extinction. Some study estimated there were only 2,000 adult populations left in their native streams. Establishment of the Golden Trout Wilderness was, therefore, primarily for saving LKTGs left in their last hold originally. Fortunately, it has been reported that approximately 70% of the original habitats of the LKGT were restored and that healthy population of fishes returned to these streams. We may see removal of the LKGT from the list of Federal Endangered Species, the first among fishes ever listed, not so faraway from now if the current trend persists.

標高2,800m以上、夏の短い=自然回復力が小さい環境に棲むが故、近い将来の復活を楽観は出来ないのでしょうでが、現在CGTは、純血種の水系ごとの人口孵化も州機関により行われています。LKGTCGTが、未来にも元気な姿で、私やマイクの娘たちやさらにその子供達、ハイ・シエラの釣り人達を魅了してくれる様、今後も可能な努力をして行こうと、改めて思い直してます。

An effort to artificially incubating the pure breed of CGTs’ eggs from their own native drainage has been carried on by a responsible State agency for some years. This is to assist their speedy reproductions, given that their natural habitats have very short summers, i.e. low-productivity, due to their altitude of over 9,000 ft. I sincerely wish that, someday, all these efforts to conserve the LKGT & the CGT will fruit successfully. I’ve recommit myself for assisting these efforts so that my daughter, Mike’s daughters, their children, and more broadly future fishermen, will be able to share the beauty of these fishes in the future.

最後に念のため、マイクの2日目の釣果に付いて一言加えます。1日目は、緊張と不安も大きかったのでしょう、教えた早あわせも無意識に心掛けてもいたでしょうから、キープした2匹の他、鉤を飲まれる事はありませんでした。2日目は、緊張が緩んだ結果、6匹に鉤を飲まれたのだと思います、自然・生物を敬愛する信頼できる友人ですし。ルールに従ってスポーツとして釣りを楽しんでいても、原則は狩猟をしているのですから、こんな結果がある事も想定した上での「遊び」と考えてますが、みなさんはいかがでしょうか。

At last but not least, I’d like to add a comment on Mike’s defense for these 6 fishes from the second day. I was, and still am, confident that his intention was minimizing damages to fishes so that they could be released back to water even when he was having good time catching these CGTs.

CGT釣行記/Click for a CGT Fishing Report

CGT豆知識/Click for CGT Trivia
スポンサーサイト

theme : アメリカの自然保護
genre : 海外情報

comment

Secret

Profile/自己紹介

Nature Adorer~やっちゃん

Author:Nature Adorer~やっちゃん
東京生れ、東京育ち、でもLA在住20年+なんで育ちの方はあやしい・・日本を「井の外の蛙」、アメリカは「井の中の蛙」、そんなふらついた視点の持ち主。

Archive/月別アーカイブ
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Category/カテゴリ
Search Form/検索フォーム
Counter/カウンター
Latest Entries/最新記事
Latest Comments/最新コメント
Trackbacks/トラックバック
RSSリンクの表示
Link/リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。