スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイシエラでキャンプ3/Camping in High Sierra3

RvrcrossCGT.jpg
鳥の親子がいたメドーと渡河点の瀬を泳ぐゴールデントラウト/A A small meadow & a CGT swimming at a river-crossing

この記事は最終回です。/This entry is the last of 3.

最初の記事はここをクリック/Click here for the first of 3

帰りがけ、スイッチバックの途中で、マイクが立ち止まって首を傾げてるところへ追いつくと、「おっかしぃ、俺は確かに見たんだが…」と、ブツブツ言っている。訳を聞くと、5分ほど前に30m程下のトレールを、一人で登ってくる白シャツを着た金髪白人の男がいたと言う。早いペースだったんで、目に留まったと、もうすぐ下のトレールに現れても良いはずなのに現れない、と彼は言う。休憩してるかも、と思い折り返しの奥とかを注意しながらマイクは下るが、目撃したと思っていた箇所を過ぎても誰もいない@@!!!
オーノー!!!幻覚を見るなんて俺も高山病だぜ^^;」、と最後には笑っていた。幻覚??ホントは「ゴースト」と言いかけたんじゃないの、よぉ、マイクさん?だってさぁ、笑ったその頬がちょいと引き攣ってたのは隠しきれてなかったぞ^^。

1時間程で、やばいスイッチバックを抜けて比較的平坦な場所に戻るが、ワタシはヘロヘロ、下を向いて足元を見ながら歩く。マイクは余裕で、目敏く小さなメドーで遊ぶ鳥の親子(ブルーグラウス=雷鳥の仲間)を見つけてしばし観察したり、渡河点でがいるか探したり。後で白状したけど、この辺から残り1時間の砂地を歩いている最中は、ワタシのコンディションの心配よりも、テントサイトの“冷えたビール”の事しか頭の中には無かったとさ^^; ホントに良い奴だ!?、次回こそ分水嶺を見ような!今年もごめんなm(_ _)m。

Something odd happened here. Once in the middle of trail, I caught up with Mike who was mumbling, “I saw him clearly…” He explained that he saw a white guy with blond hair wearing a white shirt coming up the trail some 100ft below us a few minute ago. The guy caught Mike’s attention because the guy was climbing fast and smoothly. Mike expected see this guy on the switchback below us when I was catching up with Mike, but the guy disappeared from the trail. From this point, Mike checked wooded area of every turns carefully to locate the guy, thinking that the guy might be resting in a shade. But, he is found nowhere!!!@@.
Oh NO! I think I was hallucinating from the altitude sickness!” he laughed. Well, I felt a bit of fear from his expression. Was it from the symptoms he worried, or something else!?


I felt quite weak by the time we were back to somewhat flat part of the trail. Mike was, on the other hand, still energetic. He was spotting a family of some kind of birds in a small meadow and was searching for fishes at a river-crossing. He later confessed that he was thinking of “ice-cold beer” at our tent site more than of my conditions during walking the last one-hour of the trail. Gee, what a nice man he is!? Well, let us get to see the western divide next year, for sure! And, I’m sincerely sorry we did not make it again…

Beer.jpg
マイクのニンジン/What drove Mike on our way back

15:30時にテントサイトに戻った後、マイクは念願のビールをさもうまそうに飲みながら読書、ワタシは気分が回復する様静かに過ごす。夕食は缶のビーフシチューにフリーズドライのマッシュドポテト。気分は完全では無いけど、ポテトがおいしかったので大目に食べる。今夜はアルコールは流石にパス^^;。食後は早々とテントへ入ると、すぐに寝てしまったよ。今夜はまた蚊がうるさいけど、マイクは焚火番をしながら、ハイ・シエラ最後の夜を一人楽しんだようだ。

Upon returning to the tent site, I took it easy hoping to recover soon while Mike decided to read a book with a can of “ice-cold beer” that filled his head earlier. We ate canned beef stew and freeze-dry mashed potatoes that night. My appetite was low, but I found the potatoes tasty, so I forced myself to eat a bit more. I slipped into my tent soon after, no alcohol tonight : ) Mike, the fire keeper tonight, stayed a bit longer in the returned mosquitoes in order to enjoy the last evening in the High Sierra.

翌朝はやっと頭痛も無く気分も良好で目を覚ます!最終日の朝になってようやく、って…orz。マイクのテントからは、まだイビキが聞こえるんで、彼をそのままにして一人で釣りに出た。釣りから戻り、既に撤収準備OKのマイクと、「昨日は戻って正しかったよなぁ、来年は3度目の正直だぞ、しかしあの白シャツのはどうしちゃったんだろう…」、などと話しながらワタシも撤収の用意をする。3月に続いてまた、ヘタレたキャンプになっちゃったかな?4日3晩世話になったテントサイトをきれいに片付け、最後にサイトの上空を見上げる。きれいな空だ!またここに戻るのは来年だな、と心に過ぎる。思いの他空が近くに見えたのは、少し目が潤んじまったせいかな?…^^;

I woke up next morning without headache for the first time on this trip, at last indeed… Mike was still sleeping in his tent, so I went fishing alone. By the time I returned, he was all done with packing for departure. I quickly packed my gears while we talked about things on yesterday, decision to return, promise to return next year and that guy who disappeared from the trail. Upon cleaning up our site, I looked up the sky above our tent site. It was beautiful! There would be another year before we could visit here, a thought that crossed my mind then. The sky appeared to be close to me at that moment. Was it because a bit of tear worked as a lens? I wonder… : P

Sky.jpg
テントサイトから見た空/Sky above our tent site
スポンサーサイト

theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

comment

Secret

初めまして

 和歌山の山奥に住んでいる「森に暮らすひまじん」です。私たちのブログに訪問していただき、ありがとうございました。
 コメントを拝見したとき、日本に住んでおられる方だと思っていましたが、LAなんですね。びっくりしました。
 アメリカの雄大なフィールドで、キャンプ、釣りを楽しんでおられる記事を読んで、こりゃースケールが違うわいと感心している次第です。それに、ゴールデントラウトの写真もすごいですね。わたしも提灯釣りをしますが、フライ、ルアーのアメリカの地で日本式を試されているのにもびっくりしました。

ご来訪うれしいです!

”森に暮らすひまじん”さん、
奥様と共同で更新されるブログ、お伺いの度に楽しませていただいてます。海外在住の私には垂涎の事も多く、お二人の眼を通して伝わる柔らかい自然と、日常の中の発見はホームシックを起こしそうです。
こちらの渓では、ミャク釣り、提灯釣りはかなり珍しがられます。この日本式に関した面白い話もありますので、近い内に記事にしてみます。今後も是非遊びに来てください。
Profile/自己紹介

Nature Adorer~やっちゃん

Author:Nature Adorer~やっちゃん
東京生れ、東京育ち、でもLA在住20年+なんで育ちの方はあやしい・・日本を「井の外の蛙」、アメリカは「井の中の蛙」、そんなふらついた視点の持ち主。

Archive/月別アーカイブ
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Category/カテゴリ
Search Form/検索フォーム
Counter/カウンター
Latest Entries/最新記事
Latest Comments/最新コメント
Trackbacks/トラックバック
RSSリンクの表示
Link/リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。