スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣果報告:ゴミ○,魚◎/Fishing:Trash○, Fish◎

E-SGR02.jpg
イースト・フォーク、サンガブリエル・リバー/The East Fork of San Gabriel River

これまでの8、9、10月の釣行予定が全部流れた、0勝3敗。なので先週の日曜日は確実をゴして、家から一番近くてマスの生息する川、サン・ガブリエル・リバーのイーストフォークへ午後も2時から出撃。この日の主目的釣りは釣りでもマス釣りじゃぁないよ、魚釣れたけど^^。今回はねぇ、敬慕する日本の源流師の一人クラさん(クリックでHPへ)が中心に行ってる「勝手にゴミ拾い」のワタシなりの活動が目的ね!、魚釣れたけど(しつこい?)。前々から、10月になったらゴミ袋片手に来ようと思ってたんだ、もしもに備え釣り竿も念の為に持ってサ^^。

この川、LAの北に連なる平均2,500mの山脈を水源に南流するこの辺では大河なんだけれど、水資源の乏しい大都会を貫流する川の悲しさ、中流以下はすべて護岸化、上流域下部にはダムが2段、最上流域にもダムが1つとズタズタにされちゃってるんだよねぇTT。しかも車で下の2つのダムの上へ行けるから、地元LA住民にはお手軽に行ける山岳河川。だから釣りだけじゃなく、水辺のピクニック、川遊びなんかにも頻繁に利用されている川なんだよね。5月~9月の週末は早朝を除けば、まるで花見の上野の山の様に家族&団体で岸辺が埋まっちゃうんだよ。

0 for 3, this is the result from every fishing trip planned in this August, September and October so far, can you believe? To cheer me up, I left my home at 2 PM and headed to the closest local river with trouts, the San Gabriel. I picked its East Fork this day. Well, sorry guys but the primary objective of the day was not catching trouts. It was picking trash there, though I ended up catching a fish : ). I planned to do this in early October, the time less locals use this river for their recreation activities. Picking up trash you find in the mountain streams (and elsewhere, actually) is a movement hosted and organized by KURA san in Japan, one of many mountain trout fishermen whom I admire.

As you many know, this river, a large one in LA area, was cut up good, by 2 dams at the mouth of mountains and a dam near its western origins; destiny as it flows through a metropolitan in the dry weather. And it's so close to a large city, many people use the river for their multi-recreational purposes. So, its very clouded on every weekends between May and September, like clouds you might see at a county fair, you know?

E-SGR09.jpg   E-SGR01.jpg

この日は、インディアン・サマー第一波後の涼しい午後なんで、予想通り河原には人がまばら。うっかりして軍手を忘れたけれど、キッチン用ゴミ袋の大2枚と超特大のピンセットの様なものを持参して、河原に降り立つ。お、直ぐそこに1家族いるなぁ、帰りにゴミをチェックしよっと。

It was relatively cool afternoon typical of days soon after the first wave of hot Indian Summer days. I stood by the reiver with 2 trash bags in my backpack and with a tool to pick up trashes in my hand. Oh? I see a family having a picnic there... I'd better check their trashes on my way out.

↓ クリック'more...'で続きへ/Click 'more...' to continue
E-SGR11.jpg

入った所は意外にキレイだったけれど、少し上流の二股へ行ったら、ワタシを待っていたかの様に、100mくらい続く中州にいろんなお宝が散乱してるじゃない><。あやぁ...、水の中にも白や赤や黄色がひらひらしてるし...。ゴミはほとんどがスーパーのビニール袋各種や食べ物の包みやトレイ。それにお約束の空き缶、そのままや割れたガラス瓶にリールのライン。様子から、前日(土曜日)に4組くらいの団体がこの中州を使った感じだね。別にチェックしてるわけじゃぁないよ、でも食べ物のレーベルから、この約4つの団体がMex???nとChi???eの団体だったと推測が付くよ。過去の目撃経験もだけれど、たいがいこの2方々なんだよねぇ、自分達のゴミを残すの。はぁ~...。この中州だけでゴミ袋1つがいっぱいになっちゃったよ><。

中州キレイにして、水際沿いに上流へ移動しながら更に散らばってるゴミを拾って約1時間半、距離にして川の右岸約1kmをカバーした感じかな。途中で、使用済み乾電池燃料缶やらガスボンベ、はたまた何に使ったのかスプレー式ペイント缶なんかの環境に最悪な危険物まで転がってるんだよ、まったくっ(ーー)#!結局この時点で2つ目のゴミ袋もいっぱいになった。

The point I entered appeared much cleaner than I expected. So, I moved several steps up stream and looked into an isle about 300ft long. Well, there they were. As if they were waiting my arrival, all types of plastic bags from glossary stores, wrappings and trays from foods, all kinds of cans and glass bottles and lines from fishing reels were scattered there. I even saw colorful bags swimming in the water... My observation told me that there were at least 4 groups used this isle the day before, and they were groups of Hispanics and Asians - labels on the food packs pointed to these two, well-known trash makers. My first trash bag was already full from this isle, sad.

After I was done with the isle, I walked along the water for about 90 min. - approx. another half mile. There, I picked up some dangerous and harmful stuff like fuel cans and containers, and even cans of spray paints though I couldn't tell what they were used for. I stopped trash picking soon after finding these sprays as my second trash bag became full.

中州の上流側に置いて来た最初のゴミ袋を回収して、河原に入った所へ戻ると、ちょうどさっきの家族が崖道を登ってるところ。どれどれ、ゴミ捨てっぱなしじゃ無いよなっ?お、キレイにしてあるじゃない!よしよし^^。

On my way out, I picked up my first full trash bag and checked the area of the family picnic I first saw when I entered the river. Good!!! They did not leave any trash on their site : )

E-SGR04.jpg E-SGR06.jpg E-SGR05.jpg
総代のチビニジ-目に意気込が...?/The representative of all trouts there

この時点でもうが西側の低い山に隠れそうなんだけれど、急いででさっきキレイにした中州まで戻って、念の為持ってきたロッドを準備した。ここまで来たらやっぱり「魚釣り」したいじゃん^^;?ガサガサした後だし、釣れない事を覚悟に数投してみる。と、この川生まれで12cm位の、綺麗チビニジマス(この川の在来種)が釣れた!!!!!かなりビックリ@@。その後20分程あちこち試したんだけれど、後はまったくナシのつぶて...。「ははぁ、あのチビ、代表してを言いに来たな、棲を掃除してあげた事の」、と思うの、自然だよね^^;?「まぁ、奴(私のことね)の今日の仕事ならぁ、大物がわざわざ出張る程の事じゃぁあるめぇ」、とサンガブリエル鱒連長老の一言の後、合議の末に選ばれた活きの良い若衆(ワカイシ)が挨拶に来たわけだろうけど、あの辺の魚達の総代だから、こいつの「重み」は理解したよ^^;

At this point, the sun was about to dip behind the lower mountain to the west. So, I rushed and prepared my fishing rod for few castings. No fisherman facing a pretty (self-cleaned today) stream with a rod in his hand can resist the urge to swing the rod in this situation, you know? Only after a few cast, I caught a small rainbow, about 5"long. But this was it even after another 20 min. of checking good-looking points. Naturally, I thought that the little rainbow was a selected representative among all other fishes there. He came out of the water to tell me "Thank you, men!" for my little good of the day. I thought I understood his significance.

E-SGR07.jpg  stones.jpg

スーパーの袋の下から現れたきれいな花/A flower found under a glossary bag
追伸:この花、米人の友人によると、「ローリングストーンズ・フラワー」と言う俗称だそうです

実は、ゴミ拾いを目的に川へ行ったのは今回が初めて。それまでは、正直釣りに行ったついでに拾ってただけ。今回の作業くらいじゃ、現実に捨てられてるゴミの量に対応してないのは分かってる。でもさ、やった方がこの川に、そこの自然に、それから次に中州を利用する団体にも、いずれここへ釣りに来るだろう自分にもプラスなのも分かってるしね。ゴミが残されないのに越した事はないけど、まず目の前の現物を拾いに行ってからかな、と今回しっかり思ったよ。どうだろ、この記事を読んで下さった方々も、とりあえず行った先々の山や海で、ついでで良いから目に入ったゴミを拾うのを始めて見るのは^^?

After all these years, this was my first river going with trash cleaning as its primary objective, although picking up trashes during my mountain going had been done for many years. I'm aware that a little, single individual effort is not enough for amount of trashes scattered along this river. However, I am also aware that the little effort like this will be good for the river, the nature, and for those who will use the isle and who will fish there, including myself. The ideal is no one leaves any trash, but is appears it is a long way. So, how about we start cleaning trashes that catch our eyes in any outdoor places? I'm certain that would make anyone who passes after you feel good.
スポンサーサイト

theme : フライフィッシング
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

画像を見るときれいな川ですがやはりゴミは多いのですね・・・
私もちょこちょこは拾うのですが、圧倒的にゴミが多く釣りの合間だけでは自己満足程度にしかなりません
いつまでもチビニジちゃんの住める川であってほしいですね

賛同有難うございます!

ホゲタツさん、
コメント有難うございます。ホゲタツさんは、「ゴミゼロ運動の輪」を通して活動されているんですよね。釣り人を通してのゴミ問題の提起、それぞれのサークルで活動していけば、いずれ釣り場の状況だけなら解決出来る可能性があると信じてます。私もチビニジがいつまでもあの川に棲んでいてほしいですし。
別件ですが、「ひっぱりうどん」、かなり気に入って既に数回やってます^^!

拝見

させて頂きました(^^♪
釣りに伴い、河川清掃など実行戴きお疲れさまでした。
どこも同じ輩が徘徊するようで困ったもんですネ。
でもそれを拾わなければずっとそのままなんですよネ。
コツコツで構いません、お互い頑張って行きましょう(*^^)v

くだらない事をお尋ねしますが、そちらには漁協みたいな
ものはあるのでしょうか(汗)
それから禁漁期などあるのでしょうか(大汗)
リリースサイズは(冷や汗)m(__)m

クラさん、

読んでいただき有難うございました。
清掃2時間半、釣り30分の入山でしたが、最後は自己満足ですが、川原に降り立ったときよりも、気持ちよく帰途に着く事が出来ました。この川の組織的清掃活動をまだ把握してませんが、次までによく調べて個人では不可能な清掃活動に協力したく考えてます。
一番身近な渓ですし、大切にしていきたいです。

漁協、禁漁、サイズリミットのご質問、有難うございます。別途記事にして回答しますね。

宜しくです^^

それから事務局の細流さんが英文で分からない事が
有るそうです、私の板に書き込んで有ります(^_^;)

雪降る前にお世話になった釣り場清掃に行こうかなと思ってます
いちおうロッドも持って(^_^;)

昨夜私もひっぱりましたよ!
生姜入れたらおいしかったです(^-^)v

ゴミ拾い、いいことですね

 サンガブリエル・リバーはLAに近いだけあって、
ゴミも多いのでしょうね。
 日本の釣り場もゴミだらけです。
とくに、磯や波止場がひどいですよ。
波止場では500円の駐車料金をとる所がおおいのですが、
これは清掃協力費が名目になっています。
だから、釣り人はゴミを持ち帰らないという一面もあります。
管理している漁協も金を取りながら、何もしません。
 ああ、なげかわしいです。

こんばんわ。

コメントありがとうございました。
URLたどってやってきたらアメリカ在住の方でビックリしました。

写真で見ると日本の中規模河川って感じですね。やっぱりアメリカでも人が多くはいるとゴミが散乱しちゃうようですね。

では。では。

クラさん、

細流さんの事了解です。
今夜お伺いしてみます。

ホゲタツさん、

そっかぁ、山形はもう直ぐそこまで雪がきてるんですよねぇ。
「お世話になった釣り場」って表現、良いですね^^
すでに寒いでしょうから、暖かい服装で清掃がんばってください。
清掃後に自宅で食べる「ひっぱり」はまた格別なのでは^^?
私も今月中にもう一度、同じ川の別の支流へ行こうと考えてます。

森に暮らすひまじんさん、

磯も似たような状況なのですねぇ、残念。
清掃を名目に料金を徴収しているのになにもしない漁協って、誰からも指摘されないのでしょうか?
「だからゴミを持ち帰らない釣り人」と言うグループが存在し、その事に納得がいかないのは私が「井の外の蛙」だからでしょうか?なんか両者に複雑な気持ちに成ってしまいました...。

AGさん、

遊びに来ていただきありがとうございます!
「高級テクニック」を駆使しての撮影、さすが効果が高いですねぇ。もうむちゃくちゃキレイです!!また遊びに来てくださいね。

日本の中規模河川、はズバリ当たりだと思います。なんせ、いろんな文化を持ち、いろんな所得レベルに属し、いろんな教育レベルを受けた人達の寄り合い都市なので、ゴミ捨てが当たり前のグループもいます。民度がこんな場面ではっきり分かれるのは、ゴミ捨てに限らず悲しい事でもあります。

元気してますか~(^^♪

渓が閉じたら気が抜けてしまいました(^_^;)
その分サボっていた仕事に追い立てられていますが(汗)
上手い具合に禁漁期が特に忙しく解禁と共に閑散と成ります(笑)
私の所ではジュースなどの自動販売機の部品を作って居ります。
渓に捨てられた缶を見て何だか複雑な気持ちです(ーー;)
Profile/自己紹介

Nature Adorer~やっちゃん

Author:Nature Adorer~やっちゃん
東京生れ、東京育ち、でもLA在住20年+なんで育ちの方はあやしい・・日本を「井の外の蛙」、アメリカは「井の中の蛙」、そんなふらついた視点の持ち主。

Archive/月別アーカイブ
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Category/カテゴリ
Search Form/検索フォーム
Counter/カウンター
Latest Entries/最新記事
Latest Comments/最新コメント
Trackbacks/トラックバック
RSSリンクの表示
Link/リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。