スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニアの鱒釣り/Q&A2

「ゴールデントラウトの保護」(クリックで記事へ)の記事でも少し触れましたが、アメリカでの淡水及び海水生物の釣り/漁 - 鮭・鱒を含め - は、ほとんどの場合、各州政府の担当機関が毎年更新するルールブックにより管理されています。現時点で私の知る範囲では、日本の「魚協」に相当する「利と権」の確保を目的とする、水産資源の管理・運営を営む自治組織(リクリエーション目的の一般人の資源利用の管理と運営も含んだ)は、一部の地域的・社会的例外を除いて基本的に存在しませんし、同様に日本では一般的な「漁協」による水系や地域別の組織体制の枠組みの考え方も、現在のところありません。

English Raeders:
This entry is about fishing regulations generally practiced in the US, particularly those for trouts in California. If you are interested in this subject, I recommend to click a link to the California DFG found at the bottom of this entry (letters are in blue).


DFG1a.jpg     DFG2.jpg
今年のカリフォルニア州淡水魚向けリールブック: 表紙と裏表紙

私の住むカリフォルニアでは、非商業目的の一般人による州内の動物の狩猟(海水/淡水魚の釣りを含む)は全て「デパートメント・オブ・フィッシュ・アンド・ゲーム」により管理されています。この中でもマス釣りに関するルールは非常に細かく、対象魚種、対象魚の生い立ち(放流、天然)、釣行時期、水系、支流、支流内の特定箇所、サイズや重さ、釣り方法、釣行時の手持ちの竿の本数等で分けられます。これらのルールは、州機関が直接雇用している生物・環境学者、及び外部のアドバイザー学者の意見を基に、短期、中期、長期的観点から作成されています。

前回の記事で取り上げたサンガブリエル・リバーを例に取ると、

対象魚: 在来種のニジマスは釣り可、サッカーとチャブ(ウグイの仲間)は禁漁
漁期: 一年中 - 禁漁期なし
支流: イースト&ノースフォーク全流域と、ウェストフォークの下流域は、
お持ち帰りOK
釣り方法に制限無し(網はX、ヤスは○)
サイズの明記は無いが、7インチ以上が一般常識
餌釣りの場合、一人2本以上の竿を所持してたら追加許可書が必要
ウェストフォークの中流域-返しの無いフライかルアー、C&Rのみ
ウェストフォークの上流域-返しの無いフライかルアー、2匹キープ可
(何故このルールなのかは説明を省きますが、それなりに納得可能な理由が背景にある事は確認出来ます。)

と今年は成っています。

DFG3.jpg
各魚釣り・狩猟ライセンスの値段表: 2008年度版

もちろん水系や生息しているマスの種によっては、年間を通して禁漁の場所、開始・終了日がずれますが秋以降は翌春まで前面禁漁に成る場所、同時期に一部のみ禁漁に成ったり、キープ数が変更に成る場所、リリース/キープ基準が変更される場所(一例ですが、冬の期間最小が42cmなどと言う所もあります)等、実に細かいルールが施されています。これらのルールを理解し、知る事は釣り人の「義務」とされ、理解・認識した事と引き換えに発行されるのが、基本$38.85の年間ライセンス - 例外を除き、基本的に州内の海水・淡水のどこでも釣りが可能 - です。カリフォルニアでは、釣人の釣りをする権利」はもちろん認められていますが、釣りをする資格」も求められています。

と、カッコよく書きましたが...。まぁ、概念的には自動車の免許書の取得と同じなのですが、実際の所私を含めた一般的な釣り人の感覚は、’フィッシング・ライセンス=免許書’は「買う」もの、つまり日本の漁協から’入漁券(権)=パーミット’を購入するのと、変わりは無いと思います。

これらうるさいくらい細かく設定されたルールも、そこに棲む生物や周りの環境と、これらをレクリエーションとして活用する一般市民との共存を模索した結果でしょう。州政府と州の住民は、これら自然の資産を保護し、枯渇を回避し次世代へ継承する責任と、資産の乱用をしない範囲で利用し、かつ楽しむ権利の保障、と言う本来ならば相互に反発しあう2つの事柄を実現・実行しようとしているのですから.....。

左上にカリフォルニア州知事シュワちゃんの写真付き。
カリフォルニア・デパートメント・オブ・フィッシュ・アンド・ゲームのHPへのリンクはこれをクリック。
スポンサーサイト

theme : アメリカの自然保護
genre : 海外情報

comment

Secret

ご苦労様でした^^

ルールと入漁券などは存在するのですネ。
事細かにありがとうございましたm(__)m
読んでいて色々に勉強かつ考えさせられてしまいました。
遊ぶ権利と守る権利、確かに合い反します。
これらは全て釣り人のモラルに掛かって居りますよネ。

いえいえ、どう致しまして。

もともと書いて置きたかった事でしたし、このブログから発信したいテーマ「アメリカの自然保護」に関するので、下調べも済んでた為スラスラ書けました。クラさんのご質問がきっかけを作ってくださり感謝です。

「釣りをしても良い権利」は簡単に理解出来る事でしょうし、誰もが主張出来る事だと思いますが、「釣りをしても良い資格」は、日米に限らずもっと-ゴミ問題を含めて-啓蒙されても良いと思っています。

クラさんや、みなさんの意見もいずれ聞く機会をつくれれば、と思ってます。

こんにちわ

やっちゃんさん、お久しぶりです。
何かと忙しくパソコン開くのも久々で
ご無沙汰になってしまい失礼しました。

アメリカのフィッシング事情とても勉強になります。

前回のゴミ拾い活動素晴らしいですね!
ゴミ拾いメインで釣りがオマケなんていう余暇の過ごし方、
なかなか出来る事じゃありませんよ。
素晴らしい!

というか、川を汚す者の存在は万国共通ですね。
悲しいかぎりです。

オージロウさん、

こちらこそお久しぶりです!

そうなんです、川を汚して平気な人々は万国共通のようです。都市圏に近い川だと特にそうなる様ですね。
逆に、都市圏に近いからこそ、自分達が出したゴミはその場で捨てずに、自宅まで持って帰って欲しい所です。そうすれば、大型トラックでわざわざゴミの回収に山まで入る必要も無くなる分けですしね。

今回はほんとに初めての試みですし、川も自宅から1時間程の距離なので、おほめに預かる程の事ではないんですよ、ほんとうは。でも、有難うございます。クラさんは、もっともっと積極的です。
Profile/自己紹介

Nature Adorer~やっちゃん

Author:Nature Adorer~やっちゃん
東京生れ、東京育ち、でもLA在住20年+なんで育ちの方はあやしい・・日本を「井の外の蛙」、アメリカは「井の中の蛙」、そんなふらついた視点の持ち主。

Archive/月別アーカイブ
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Category/カテゴリ
Search Form/検索フォーム
Counter/カウンター
Latest Entries/最新記事
Latest Comments/最新コメント
Trackbacks/トラックバック
RSSリンクの表示
Link/リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。